新宿 アルバイト看護師

妊娠中の労働について。妊娠中の重労働は早産の原因となります。看護師は重労働が多く、夜勤もあるためお腹の張りに繋がりやすい。妊娠中は軽負荷の仕事に代わってもらうのが最善策。

共働き世帯の多い現代では、出産直前まで働く妊婦さんも増えていますね(´・Д・)」

 

結婚したら家庭に入る、といった考え方はあまりみられなくなっていますよね。

 

看護師は女性の多い職場ですから、そういった妊婦さんへの配慮ってしっかりしていそうなものですが、意外とそうでもないのが現状です。

 

とくに看護師の仕事って、ただでも肉体労働でハードな仕事ですよね(;´Д`A

 

患者さんのトランスや、オムツ交換、入浴介助、体位交換などかなり力のいる仕事が多いですね。

 

立ち仕事だし、一日中走り回って仕事をしています。

 

そんなハードワークは、妊娠中の看護師にはキツイ仕事ですよね(;´Д`A

 

看護師は、夜勤もありますから、さらに負担がかかりますよね。

 

看護師の仕事は、肉体的な面だけでなく、精神的な面でもストレスが多くありますよね。

 

重症度の高い患者さんとの関わりの中で感じるストレス、人間関係のなかで大きなストレスを感じていますね(;´Д`A

 

不規則な生活に、肉体的な重労働、精神的なストレス…そんな状況での仕事は、妊婦への負担も大きく、早産へのリスクも高くなりますよね。

 

看護師は、早産まで働くいかなくとも、切迫早産を経験した看護師は多いですよね。

 

お腹が張って薬を飲みながら働く看護師がほとんどです。

 

しかし、無理をして早産になってしまえば、取り返しのつかない事態も引き起こしやすくなります>_<

 

早産は、赤ちゃんへのリスクが高く、後遺症を残すこともあります。

 

出産の段階では大きな異変が見られなくても、成長の過程で障害が現れることもあるんです。

 

ですから、妊娠中は軽負担な仕事に変えてもらうなどする必要がありますね。

 

そういった配慮のない職場も多くあります。

 

妊婦への配慮も、周囲の人たちで徹底出来るといいですね(´・Д・)」